December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

誕生日2011


これはネットのお友だちから。
ありがとうございます!


こちらは恋人から。
欲しかった黒のコンバース。
ありがとうなのですよ。

ソウルフード



うちの実家のちらし寿司はこんなの。
ダイエット忘れて食べるぐらい大好き。
そろそろ私も作れるように練習したい。

整理整頓中

 ブログ3つを統合中です。
カテゴリとかいろいろおかしなことになってますが、おいおい整頓します。

「電子データにすれば部屋は散らからない」という人もいるけど、
私の尊敬する鯖缶は
/home のきたないやつに root は渡せない」と言ってます。

新しいバッグ



ちょっと横長のかごバッグ。


うちばりは花柄。

内ポケット付き。

バラ模様のがま口

バラのプリントの小さながま口。


プリントだけじゃなく刺繍のワンポイント入り。




印鑑ケースなんです。

八幡屋礒五郎の七味唐辛子



金と赤のコントラストが素敵で、うっかり衝動買いした七味唐辛子。

パッケージからしておいしそう。





善光寺かな。



根元 八幡屋礒五郎

さみしくないとかわいがれない

わたしの「かわいい」は「退屈」の裏返しだ。
忙しくしてるときにはかわいいかわいいばかり言ってられない、自分のみなりを整えるのもぎりぎりになってしまう。
かわいいを楽しむにはすこしばかり余裕というか、ヒマが必要だ。

それから、さみしいと泣いてるときもやはりかわいいは出てこない。
ぐずぐず泣くほどじゃない、でも満たされてない、ほどほどのさみしさが必要なんだと思う。

すこし退屈で、うっすらさみしい。
それが私の「かわいい」の正体なんだろう。

私は毎日がさほど満たされてなくても、かわいいものを見て絶叫する自分がわりと好きだ。

かわいいは暮らしを彩ってくれる。
私をなぐさめてくれる。
満たされている代わりに彩りもなぐさめもない生活なんて、それはそれでいいものなのかもしれないけど、私はきっと飽きてしまう。

だから私はこれからもなんとなく退屈で、なんとなくさみしいままだろう。

京都山田製油のごまらぁ油



赤いキャップに把手付きの瓶に入っているのは辣油。

山田製油の「ごまらぁ油」という商品です。

Twitterで教えていただきました。



見た目がいいだけじゃなく、ぴりっと辛くてごま油が香る辣油です。

大人向けの味。





ラベルもシンプル。

おいしいよ。



ごま油の山田製油

31アイスクリームのカレンダー


月初めに31アイスクリームに行くとカレンダーがもらえることがあります。

(先着順だそうです)

これは6月のカレンダー。

チケットみたいに一日ずつちぎっていきます。

1日に一種類のアイスクリームがプリントされています。


切り取るとこんな感じ。

女子ドールクラスタ撮影会2/2

撮影会続き。
» read more
<<back|<12345678>|next>>
pagetop